5分で臨床推論

第15回①:左立脚でHip swayし、そのまま左へ倒れそうで怖い症例

PTブログ:ハラプリの5分で臨床推論を立てよ⑮

皆さんは、臨床で何を心掛けていますか?

ハラプリ
ハラプリ
こんにちは~~。

(*’▽’)/

PTハラプリおじさんです。

(変なおじさんじゃありません。ありませんてば!)

解剖学と運動学から患者を診る、そこから逸脱しない、ということを心掛けています。

患者さんを目の前にして、私が一番信頼している教科書は「現象」です。
現象は嘘をつきません。
現象を理解するためのツールは、解剖学と運動学です。

現象を客観的に、素直にとらえることが大事です。
患者さんの抱えている問題点は、実は、多くはありません。

私は「PTの世界では、知識や手技が先行し過ぎている」と考えます。

それに頼ってしまい、「深く考えること」を止めてしまわないで欲しいのです。

【症例】

機能訓練特化型デイに通う70代男性。
左大腿骨頸部骨折でTHAの既往(詳細不明)あり。

*THAとは?・・・・全人工股関節置換術(Total Hip Arthroplasty:THA)のこと。
一般的に、疼痛の軽減、股関節の可動域の改善、筋力や安定性の改善のために施行される手術です。

左立脚期で左へHip swayし、不安定感が強くあるので、見て欲しいとのこと。

*hip swayとは?・・・・骨盤の側方移動のことです。

喜多島マヤオ
喜多島マヤオ
「・・・・・。
・・・・ハラプリさん・・・・・○○さんですけどね・・・・・。
左の立脚で腰が左にswayするでしょ?
・・・・なんか、左にそのまま倒れそうで・・・・・・。
ほら、こんな感じなので・・・す・・・・・。
・・・・・・・・・・。
うわああああああああっ!!があああああ!!(ばたっ)」

\(◎o◎)/ なんだなんだ!!
なに、演技だと??

喜多島マヤオ
喜多島マヤオ
・・・・・いや。実際にはよろよろしているだけで、倒れないんですけどね。

・・・・・・おい!!

しかも、大げさな割には、下手だぞ。
患者さんの歩容をマネできてないぞ!!!
きちんと歩行分析できてないと、マネできないんだぞ!

喜多島マヤオ
喜多島マヤオ
・・・・・・!!

新人PTの「マヤオくん」は痩せてよろよろしている。
乃木坂46とロボットアニメが好きらしい。
いつもは大人しいのに、学生時代演劇部の部長だったからなのか、突然取りつかれたように何者かを演じ始める危険な若者なのだ・・・・。

ヘビトカゲ君といい、マヤオ君といい、うちのリハ室には濃い人物が多過ぎる。
まともなのは・・・・・・。

ハラプリ
ハラプリ
(・・・・・・私くらいではあるまいか・・・・・。
・・・・・名前、ハラプリだけど・・・・)

さ、さて、歩容の特徴的なところを挙げてみよう。
前額面と、矢状面を見てみよう。

<前額面>

左立脚相FFからHip swayが起こり始め、Mst以降もswayが継続しTOまで続く。

 *FFとは?・・・・足底接地(foot flat)
 *Mstとは?・・・・立脚中期(Mid stance)
 *TOとは?・・・・足指離地(toe off)

下肢全体はHip swayに伴って、左外側へ傾斜する。

立脚後期TOで、Hip swayが最大になり、左側に倒れそうになる。

左立脚時の右骨盤の下制(すなわちトレンデレンブルグ)は、さほどではない。

 

*トレンデレンブルク
立脚期の股関節外転筋群の筋活動が十分でないと、遊脚期側の骨盤が下制します。
トレンデレンブルクが生じると、重心動揺が大きくなるので、歩行の効率が低下します。
変形性股関節症では、軟骨の破壊・摩耗が進んでしまいます。

②足部接地に左右差があり、左はずいぶんとtoe outである。

 *toe out・・・・足関節外転、外反位。進行方向に対して足尖が外側に向く。
  toe in ・・・・足関節内転、内反位。進行方向に対して足尖が内側に向く。

<矢状面>

左立脚中期以降の下腿の傾斜方向に特徴がある。
症例はtoe outしている趾先の方向へ、そのまま前側方へと傾斜していく。
(通常、toe outであっても、下腿は進行方向へ前方傾斜していく。)

喜多島マヤオ
喜多島マヤオ
「トレンデレンブルグかと思うんですけど・・・・・中殿筋を評価して見たんですが・・・・・。そんなに・・・・・左右差がないんです・・・・・」
ハラプリ
ハラプリ
(なんかこのパターン、前にもあったな・・・・)
「・・・・中殿筋の筋力評価は、繊維の方向をよく考えてやってみたのかな?」

 

喜多島マヤオ
喜多島マヤオ
「・・・は、はい、・・・・・・・・・で、・・・・。・・・・・ごにょごにょごにょ・・・・」
ハラプリ
ハラプリ
(こ、声が小さくてよく聞こえない・・・・。老眼に加え、ついに耳が遠くなったか?)

い、いや、まさか。私の繊細な耳では、低音域すぎて聞こえぬだけだ・・・!

聞こえるまでマヤオ君の話をよく聞いてあげたいが、このあとすぐ「新人教育トレーナー会議(なにそれ)」に出なくちゃならない。

5分で臨床推論を立て、評価し、トレーニングを提示してください!!

<続く!>

PIXTA:おがわのページ
写真素材 PIXTA